ピルとは

男性には確実に縁がない薬に、「ピル」というものが存在してきます。
女性の人であれば誰でも知っているでしょうし、男性でも一度は耳にしたことがある言葉だと思われます。
これから風俗店で働こうと考えている女性の疑問の中に、「働いている女性は全員避妊用のピルを飲んでいるのか」、「これからスタートするときはピルを服用したほうがいいのか」ということがあります。

結論からいいますと、風俗のお仕事をする場合、特に抵抗がないのならなるべくピルを飲んでおいたほうが良いということです。
万が一何かあった場合の避妊に役立つことがありますし、そして生理の周期が安定しますのでお仕事をする上で予定がかなり立てやすくなり、稼ぎやすくなることはあまり知られていないもう1つの特徴でもあるのです。
そもそも、「ピル」とは具体的にどういった薬なのか気になる人もいると思われます。
避妊のために使う「ピル」というのは、実際には「経口避妊薬」という名前になってきます。
主な成分は女性の妊娠に関連した卵胞ホルモンと黄体ホルモンで、正しく服用することで00、3パーセントと効果がとても高い避妊の方法でもあるのです。

そして、役割として避妊のためだけではなく、生理不順はもちろん生理がとても重い女性の治療のためにも使われています。
以前は副作用が強いといわれていたこともありますが、最近では避妊用の低用量ピル、月経困難症の治療には超低用量ピルというものが出てきていて、副作用がかなり軽く人によってはほとんど感じない場合も多いようです。
一番よくいわれる有名な副作用には体重が増えることが挙げられ、美容に敏感な女性としては太ってしまったりむくんでしまうといった多少嫌なことになってしまうことがあるのです。
こうした副作用に関する話から、敬遠する女性も決して少なくはないようです。
そうしたことは1960年~70年代にピルが発売開始された時代の話であり、今現在流通している「ピル」は肥満と全く関係がないことがわかり、さらに多少ながら体重増加を抑制する効果もあるといわれています。

とはいえ、そこは薬になりますのでもちろん身体に合わない人はいると思われます。
煙草を吸う人は副作用が高まる傾向にあるそうなので、喫煙する女性は「ピル」を使うときに注意が必要なのかもしれません。
いずれにしても、お医者さんにきちんと相談をして「ピル」を処方してもらうことがまず大事なことになってきます。
「ピル」を飲んでから調子が悪くなったり、何か異変があった場合のはすぐに相談をしなければなりません。
副作用が多少は存在してくる薬になりますので、何かの異変をそのまま放置などをしていたら後々取り返しのつかないことにもなりかねないからです。



□推奨リンク
東大阪で働く風俗嬢を募集している求人サイトです >> 東大阪 風俗嬢 求人